出雲で脱毛

ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ!黒ずみ・肌荒れの要因だということも多いんです。。。

女性なら誰もがムダ毛の悩みを抱えているのではないかと思います。

 

その為、自己処理で脱毛処理をしている人も多いのですが、誰かに教えてもらうわけでもありませんので、間違った方法で安易な自己処理を続けていると肌トラブルを起こしてしまう恐れがあるのです。

 

まず、間違っている脱毛方法の1つめは“毛抜きで抜く行為”です。

 

これは生えている毛を無理やりに抜く行為で、いちばん毛穴を痛めてしまう行為なのです。

 

毛抜きで処理をし終わったあとに、かゆみ・湿疹・炎症を起こす可能性が高く、肌の中でちぎれてしまった毛が、皮膚の中に埋もれたままの状態になったり、黒ずみになるなど色素沈着の原因になります。

 

次に、自己処理の方法でいちばん多く用いられている“カミソリ”です。

 

カミソリは毛抜きとは違い毛自体を抜くのではありませんが、直接肌に刃を向け毛を剃り落とすわけですから、毛だけではなく肌の表面も剃りとってしまうのです。

 

ですから当然、カミソリ負けや湿疹・炎症など様々なトラブルを起こしてしまいます。

 

汚れたカミソリ刃ならなおさら、雑菌感染を起こしてしまうリスクも高くなるのです。

 

それらのトラブルを防ぐためには、脱毛サロンでの脱毛が1番ですが、自己処理での脱毛を行う場合には、4つの注意点を守って行うといいでしょう。

 

1つめは、カミソリを使用する場合は必ずこまめに刃を交換するようにしましょう。

 

こうすることで、雑菌感染を予防することができます。

 

2つめは、毛の流れに沿って脱毛をしましょう

 

基本的に上から下へ向けて剃るようにします。

 

3つめは、脱毛後の保湿を忘れずに行いましょう。

 

脱毛後のお肌はとても乾燥した状態になっていますので、肌トラブルを防ぐためにも保湿はこまめに行わなければいけません。

 

最後に、自己処理をする場合は“電動シェーバー”を用いましょう

 

電動シェーバーは、毛抜きのように無理やり毛を抜くこともありませんし、カミソリのように刃を肌に直接当てるわけでもありません。

 

電動シェーバーは直接肌に刃があたりませんので、肌トラブルになりにくいのです。

 

自分で脱毛をされる場合には、この4点に気を付けトラブルの起こらないように脱毛を行っていきましょうね。